2006年06月27日

ノーリード!?

060627a.jpg会社からの帰り道。マンションの手前の坂道をテクテク歩いていた私。
考えごとをしながら歩いていて、ふと気付くと前方から秋田犬らしい犬がテッテッテーと歩いてくる。少し離れて後ろから飼い主らしい人が来る。

最初は「ずいぶんリード長くしてるな〜。大きいんだから短めに持たないと普通の人は怖いだろうに。」と思いながら、まっすぐ歩いて行く秋田犬と通り過ぎたんだけど、ん?リードが見えない??後ろから来る飼い主はもう1匹、秋田犬よりは小さめのミックスっぽい犬のリードを持って歩いていた。こちらは通り過ぎる私の方を向いてちょっと匂いをかいで歩いて行った。

060627b.jpg通り過ぎてしばらくしてから「ノーリードだったよなぁ??」と思い、注意すればよかった!と後悔。とはいえ、いざとなるとびびって声もかけられないような気がするけどね。

ちなみにその飼い主のおっさん、特にゴツイ体格してたわけでもないんですよ。むしろ小柄なくらい。ただでさえ数十キロもある秋田犬、何かあった時にリードで制御するには相当な力がいりますよね?そのうえ、もう1匹連れてるんです。確かにあの秋田犬の歩き方からしておりこうさんではあるんだろうけど、でもそういう問題じゃないですよね。夜とはいえそれほど暗い道ではないので、リードはほぼ100%してなかったと思うんですが、もししてたとしてももっと短く持たないと意味がないと思います。

060627c.jpgそして、夜の散歩の話。日付も変わってしまって人通り、犬通りの少ない中、散歩をしていたんですが、いつもの折り返し地点のあたりで前方からフレブルちゃんを散歩させてる女性が来ました。藍たんはフレブルちゃんに気付いた時点で「ハッ!」と口を開けて近づいて遊びたそうに興奮しているので、とりあえず座らせます。フレブルちゃんを連れた女性がまっすぐこちらに近づいてきて、挨拶させてくれるのかな〜?と思ったらなぜかそのままグイーッとリードを引っ張って大回りして通り過ぎて行ってしまいました。

まぁそうやって遊ばせてくれない人も結構いるので、まぁいいか、と思って藍たんをちょっと落ち着かせてから散歩を再開したんですが。私はUターンして帰るので、そのフレブルちゃんの後を追う形になるわけですよ。一応間をあけてゆっくりと歩いてたんですが、向こうは向こうで立ち止まったりしてるので追いついてしまう。。。そうすると藍たんがまた遊びたそうにするわけですよ。でもフレブルちゃんはまたグイーッとリードを引っぱられて歩いて行ってしまうわけです。近づいてご挨拶させるのもイヤなら、こっちを避けて先に行っちゃえばいいのに。「遊ばないんだってー」と(女性に聞こえる程度の声で)藍たんに言い聞かせましたけどね。その後、ササーッと追い抜いておきましたよ。一体なんだったんだろうなぁ?
posted by たにゃ at 23:59| Comment(9) | TrackBack(0) | 藍たんの日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。