2007年05月11日

米ペットフード汚染問題

アメリカでペットフードが問題になっていますねぇ。
中国の業者が輸出した原料に、腎臓障害の原因となった化合物「メラミン」という物質が含まれていたそうです。

「ニューヨークの愛犬・愛猫家、ペットフードのリコールに動揺」
「違法輸出の2社を捜査=米ペットフード汚染で中国当局」

「中国産のペットフード」ならちょっと警戒するかもしれないけれど、そもそも原料がどこのものかなんて、パッケージからはわかりませんよね。今回の事件も、成分表を見たところで何もおかしな点は見つけられなかったでしょうし。現在問題になっているカナダのペットフード会社は、P&Gやネスレなどの製造も請け負っているということで、そんな有名な企業でも信頼できないとなると、もう一体何を信じればいいのか、という感じです。。。

飼い主が、自分のかわいい犬や猫に与えているフードに毒が含まれているなんて。。。想像するだに恐ろしいです。今後このようなことが起こらないように祈るばかりです。
posted by たにゃ at 17:17| Comment(0) | たにゃ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。